ヒロタビライフ

アメリカ生活4年目。サンフランシスコを経てロサンゼルス在住。 旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。 オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。 TOEIC 970 TOEFL iBT 94

タグ:英語勉強

英語学習で使えるニュースサイトまとめ


こんにちは、勉強嫌いで机の向かうのが難しいヒロタビです。


今回は、英語学習で使えるニュースサイトをまとめました。


ニュースサイトは、いつでもどこでも無料で見れるので、電車の中や朝起きてベッドの上でスマホをいじる時についでに読むなど、手軽に隙間時間で勉強するのに最適です。

また文書の内容も常に最新なので、自分の好きなトピックを読むことで飽きやすい英語学習を継続させてくれる強い味方になります。


また、朝の電車の中では英語でニュース読む!と決めることで、勉強の習慣化もしやすいです。


しかし、ネイティブが読むようなニュースサイトは、単語が専門的であったり文法が複雑で、英語学習中の人には向かないことも多いです。


そこで今回は、経験を元に英語学習中の人でも続けられ、かつ効果が見込めるニュースサイトをご紹介します。



1、News in Levels

初めての方におすすめなのがNews in Levelsです。


サイトのサブタイトルが「World News for Students of English」といい、

正に英語学習用に作られたニュースサイトで、

自分の英語のレベルに合わせて記事を表示できるのが特徴です。


記事は音声もあるので、リスニング教材として有効活用できます。

世界中の出来事がニュースに載るので、日本ではなかなか聞かないようなニュースも多いです。



2、JAPAN REAL TIME

有名なThe Wall Street Journalによる日本の政治経済が中心のニュースです。


内容は固い記事が多いですが、アメリカ人目線から書かれた日本のニュースは、英語以外にも視野を広げるきっかけになります。


一つ一つの記事の英語量はそんなに多くなく、少し時間があれば十分に読みきれます。


ちょっと手を出しずらいなという方は、日本のニュースサイトで同じ内容のニュースを読んだ後に、英語版で記事を読むと、スムーズに読み進めることができます。

JAPAN REAL TIME


3、TIME for Kids

大手メディアTIME社による、アメリカの小学生向けのニュースサイトです。


まずはじめに自分の学年を選ぶようになっています。


K-1がアメリカ人の幼稚園〜小学1年生、6までの数値は、日本の小学校の学年と同じです。
6レベルが、アメリカ人の小学6年生が向けの記事ということです。


ちなみに、アメリカは州によって若干の違いがありますが、5歳(日本の幼稚園の年長と同じ年齢)から17歳(日本の高校卒業と同じ年齢)までが義務教育です。

日本の義務教育は小学校入学から中学校卒業までの9年なので、それより4学年分長い計算です。


TIME for Kidsの記事や写真のクオリティはさすがで、かつ内容は子供向けにわかりやすく書かれているので、英語学習にはとても良いニュースサイトです。


一つ一つの記事は内容がしっかりと書かれていて、若干長めになっています。

TIME for Kids



4、The Japan Times

日本在住のネイティブスピーカー向けのニュースサイトThe Japan Timesです。


内容は日本のニュースですが、ネイティブ向けの内容なので英語学習上級者におすすめです。


政治経済、政治状況などが世界中の記者により書かれているので、外国人がどのように日本で起きていることを捉えているのかがわかります。


The Japan Timesを毎日読めるようになるのはかなり大変なことですが、英語で情報収集ができるようになると圧倒的に世界の情報量は増えます


筆者も英語の学習の結果わかりようになりましたが、ある物事を調べる時に、日本語で検索するのと、英語で検索するのでは表示される情報力に圧倒的な差があります。


日本語の情報はやはり元は英語であることが多く、誰かが翻訳したものしか日本語の記事にはなりません。


まとめ

英語学習におすすめのニュースサイトは無数にあります。


重要なのは自分に合ったレベルのサイトを使うことです。


ネイティブ向けのサイトは、専門用語が使われていることも多く英語学習者には向きません。


ここで紹介した4つのニュースサイトはいずれも英語学習に最適ですので、ぜひ一度目を通してみてください。




英語は、無料のニュースサイトとYoutubeを利用することで、全くお金をかけずに勉強できます。


こんにちは、TOEIC初受験で970点(リスニング満点)のヒロタビです。

先日、

〇〇するだけで、ある時期から英語力がグッと伸びる方法

の記事にて、洋楽を聞くのをオススメしたところ、実際聞くならどの洋楽がいいの?

というご質問をいただいたので、英語学習に最高の洋楽をまとめました。

洋楽と一口に言っても、無数に曲があるので、特に英語学習に最適な洋楽をピックアップしました。


ピックアップする際に意識したポイントは以下の通りです。
・訛りがなく発音が聞き取りやすい
・よく使う英語表現学校で習った英文法が歌詞に出てくる
・人気で親しみやすい曲


いきなり聞き取るなんて無理だよ!という方は、

まずはサビだけでいいので、歌詞を見ながら歌えるようにチャレンジしてみてください。

歌詞の意味(和訳)は考える必要ありません。

英語の音からどの単語を言ってるのかな?と推測する事で、リスニング力の大幅な向上が見込めます。



あかん!全くわからへん!という方は以下の記事もオススメです


英語学習に最高の洋楽10選!

1、Top of the world

英語初心者の方にオススメしたいのが、カーペンターズの1、Top of the worldです。

初心者でも聞き取れるくらいはっきりと綺麗な発音です。

時代を超えた名曲としてとても有名な曲で、誰しも必ず一度は聞いたことあるメロディーです。




2、Happier (Ed Sheeran)

ここ数年世界中で大人気のエドシーランにのHappierです。
とてもゆっくりのメロディーかつ、エド自身のイギリス英語はとても聞き取りやすく、リスニングの練習に最適の曲です。

失恋ソングで少し悲しい歌詞ですが、
「I saw that both your smiles were twice as wide as ours」と中学校の時に習った比較級が登場する等、文法の実際の使い方を学ぶこともできます。

この曲をマスターして、カラオケでしっとり歌えたら、人生のモテ期到来間違いないです。




3、Someone Like You

よく英語の発音が綺麗な歌手の筆頭に上がるのが、アデル。

そのアデルの代表曲がSomeone like youです。

単語単語をこれでもかと言うほどはっきり発音しているので、初心者の方でもある程度聞き取れると思います。
とても綺麗なメロディが人気の曲です。



4、We Are Never Ever Getting Back Together

今やアメリカを代表する歌手のテイラー スウィフトのWe Are Never Ever Getting Back Togetherです。
テイラーの曲は、もともとカントリー調の曲が多く、ゆったりしたリズムと思わず口ずさんでしまうような軽やかなメロディが特徴です。

この曲では歌詞に「we hadn't seen each other in a month」と言う、過去完了系の言い回しが出てきます。had+過去分詞と教わるより、曲の中での意味を考えることにより、自然に文法が身につくと思います。



5、What Makes You Beautiful

日本でも有名なOne DirectionのWhat Makes You Beautifulです。

ノリノリの曲調に加え、使われている単語が比較的簡単なものが多く、歌詞も繰り替えが多いので、すぐに歌詞(歌の意味)を理解できると思います。

文法的にも、If onlyや未来形、現在進行形など基本文法の確認にも最適です。




6、Fight Song

英語の練習に最適な歌として、よく語学学校などで紹介されるのがFight Songです。

ゆっくりとしたテンポで聞き取りやすく、歌詞も自分を勇気付ける内容で勉強中の人に最適です。



7、Don’t Let Me Down

2016年にリリースされた、チェーンスモーカーのDon’t Let Me Downです。
歌っているのはティーンスモーカー本人ではなく、Dayaです。

特徴は歌詞がめちゃめちゃシンプルな点です。
大げさですがDon’t Let Me Downだけで歌のかなりの部分を占めています。



8、Girlfriend

大学の文化祭で人気なのが、アブリル・ラビーンのGirlfriendです。明るくノリの曲調で、楽しく英語の練習ができます。「私があなた彼女にふさわしいのよ!」という強い女の子の歌です。

文法的にもとてもシンプルで、中学校で習う文法で歌詞を理解できます。



9、Good Time

これまたノリがいい曲として有名なGood Timeです。男女共に歌いやすい歌で楽しく学べます。
「Cause」はBecauseの口語表現で、ネイティブが話すときによく使います。
エッセイや作文などの書く英語では、きちんとBecauseと書かないと不正解です。
「We don't even have to try」という、和訳の問題に出てきそうな言い回しもあります。



 10、Let It Go

少し古いですが、王道がアナ雪のLet It Goです。
日本語版であれば誰でも歌えると思いますので、ぜひ今度は英語版にもトライしてみてください。

ディズニーだけあって歌詞もシンプルなので、英語学習には最適です。





いかがでしたでしょうか。
英語学習に洋楽を使う事で、とても楽しく学ぶ事ができます。

机に向かう学習だと継続するのがなかなか難しいですが、洋楽を普段から聞く事で、楽しく継続して学習できます。

あわせてこちらの記事も読むと、より効果的に学習できます。




英語学習に使えるYoutube動画まとめ

こんにちは、TOEIC初受験で970点(リスニング満点)のヒロタビです。

以前

の記事にてYoutubeを使った勉強法をご紹介したところ、多くの方から反響をいただきました。


Youtubeの最大のメリットは、

・無料かつ無限のラインナップから動画を選び放題
・再生速度を調節できるので、自分の実力に合わせたスピードで聞き取る訓練ができる。
・有料のCD以上のクオリティの動画もある。

です。

デメリットは、

・悪魔の関連動画が学習を妨げてくる
・稀にCMが邪魔をしてくる

・動画がありすぎて選ぶのが難しい

です。

Youtubeで学習する時は、どの動画を見ればいいのかが非常に大事になります。


そこで、今回は「英語学習に使えるYoutube動画まとめ」ということで、

実際に筆者も利用しているオススメの英語学習に使えるYoutubeチャンネルをご紹介します。



バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

チャンネル登録者数130万人以上を誇る、超有名人気英会話チャンネルがバイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaです。



最近メルボルンに移住された吉田ちかさんは、小学校〜大学卒業までをアメリカで過ごしており、英語、日本語共に完全なるネイティブレベルです。

ちかさんの英語は発音が綺麗で非常に聞き取りやすいので、きちんとした発音や文法を学ぶ上でこのチャンネルは非常に役に立ちます。

正直ちかさんの英語は一般的なネイティブアメリカンよりも上だと思います。
日本人でここまで英語が綺麗で上手な人はなかなかいないので、すごく参考になります。

様々なトピックを取り上げているので、自分の好きな分野の動画から見るのがオススメです。


コペル英会話

英会話のチャンネルですと、やはり女性がメインであることが多いのですが、このコペル英会話は男性がメインスピーカーのチャンネルです。




語学は一般的にはどうしても女性の方が上達が早いのですが、男でもここまでできるぞという自信を与えてくれるYoutubeチャンネルです。

動画の内容は常に笑いを意識させるような作りになっていて、静かなカフェ等でこの動画を見ていると、吹き出してしまって恥ずかしい思いをするのでご注意ください。

ケンドラ・ランゲージ・スクール

こ世界中に110万人以上のチャンネル登録者を誇り、まるで有料のCD教材のような内容を無料で配信しているのが、ケンドラ・ランゲージ・スクールです。



世界中のノンネイティブを対象にしていますが、日本人向けの動画も用意されており、まるで有料の教材のような内容が聴き放題です。

じっくりこの動画を使いながら継続して学習すれば必ず英語力は伸びると思います。


TOEIC LISTENING

TOEIC対策に絞った動画をあげているのが、TOEIC LISTENINGです。正直このチャンネルがあれば、有料の素材は必要ないくらい内容が充実しています。



市販の問題集はどうしても問題の数が限られていますが、このチャンネル、もしくはYoutube
で「Toeic listening」と検索すると、無数に問題の音源があるので練習に最適です。


Learn Toefl With Daniel

TOEFL対策にオススメのチャンネルLearn Toefl With Danielです。

内容が常にアップデートされていて、最新の問題で練習できるのに加え、定期的に問題がアップロードされるので練習問題の数に困りません。

市販のTOEFL問題集はどうしても問題の数に限りがあるので、ほぼ無限に問題があるこのチャンネルはTOEFL対策にすごく有効です。




またTOEFLは受験料が高く何度も受験するのが負担になるのに加え、実際の試験はパソコンを使って行われるため、Youtubeを見ながら問題を解くのは最高のTOEFL試験対策です。



いかがでしたでしょうか。

Youtubeでの学習はメリット・デメリットがありますが、やはり無料で学習出来るのは大きいです。


Youtube以外の無料の教材はこちら




「この人英語が話せる!」と周りの人に思わせる方法

こんにちは、アメリカ生活4年目のヒロタビです。

色んな人から、どうやったらそれっぽく英語を話せるように慣れますか?

という質問を割といただきます。

筆者もそうですが「こいつ英語が話せる!」と思われたい人は多みたいです(笑)

そこで、アメリカで生活する内に培った、英語が話せると周りの人に思わせる方法をご紹介します。




英語の会話は必ず〇〇から始まる


日本語の会話は、「こんにちは」とか「よっ!」のような挨拶から始まると思います。


英語での会話は、質問する時の「Excuse me」や、親しい間柄での「What's up?」を除くと、


会話はほぼ必ずある言葉から始まるのです。


つまり、その言葉から会話が始まった時にきちんと受け答えができれば、

英語が話せると周りの人に思わせることができるのです。


その言葉とは、、



そう



「How are you?」や

「How are you doing?」です



How are you?にきちんと答えられれば、最初の会話が成り立ちます。


「I'm fine, thank you. And you?」がダメな理由

学校で習う「How are you?」に対する答え方は、

「I'm fine, thank you. And you?」だと思います。

しかし、

筆者はアメリカ生活4年目ですが、

未だかつて「I'm fine, thank you. And you?」と答えている人をみたことがありません


アメリカ人の友人に聞いてみたところ、そんな超フォーマルな定型文誰も使わないよ!とのことでした。

「I'm fine, thank you. And you?」は正しい英語ですし、意味も通じます

しかしそれと同時に、「私は英語超初心者です」という印象を周り相手に与えてしまいます。

では実際には「How are you?」や「How are you doing?」にはなんと答えたらいいのでしょうか。

どのように答えたら「この人英語が話せる!」と周りの人に思わせることができるのでしょうか。

ネイティブが日常で使う超簡単な答え方

答えはすごく簡単です。

アメリカで暮らしていると、1日に何十回と友人、家族、同僚、店員さん等色々な人達から「How are you?」と聞かれます。

その度に皆いちいち答えを考えるのは面倒でもあるので、すごくシンプルに答えます。

その答えは、

「Good. How are you?」

「Fine. How about you?」などです。

「How are you?」と聞かれたことに対しては、

「Good」や「Fine」、「Doing great」などとても簡単に答えます。

そしてすぐに「How are you?」や「How about you?」で聞き返します。

これだけです。余計な単語はいりません。

会話の基本

普段の英語の会話は基本的に「How are you?」や「How are you doing?」から始まります。

これらの質問にネイティヴのように簡単に答えるだけで、

あなたは「この人英語が話せる!」と周りの人に思わせることができます。

これは、特に日本人、外国人共に多くいる空港や、京都や浅草などの観光地で十分に力を発揮します。

ぜひ「How are you?」への答え方をマスターして、自信を持って英語を話せるようになってください。

怠け者向け英語勉強法 〜英会話編〜


こんにちは、怠け者のヒロタビです。

勉強嫌いで集中力も忍耐力もありませんが、英語を0から勉強してTOEFLで高得点をとり、UCLAに留学しました。

落ちこぼれがUCLAに留学する裏技はこちら

現在のTOEICのスコアは970で、英語で仕事をしていてネイティブとも普通に会話できます。

今日はそんな怠け者で落ちこぼれのヒロタビが、どのようにして英会話を習得したのかをご紹介します。


机に向かわない

怠け者な人向けの勉強方法として、机に向かわないことがとても大事です。

勉強=机に向かうことだと思っていては続けるのは無理です。

とにかく結果が出れば形にこだわる必要はありません。

筆者の場合は机には全く向かわず、いつもソファーで肘掛の上にクッションを置いて寝そべりながら勉強していました。

英会話を習得するためには、リスニングとスピーキングの二つの力が必要ですが、リスニングは音声を聞くだけなので寝そべりながらでもできます。
メモをとる際も、小さなメモ用紙をソファーの横に置いておけば余裕です。

ツールとしてリスニングだけであればYoutubeで十分です。

Youtubeは動画の再生速度を自由に変更できるので、最初はゆっくりにし、だんだん早くして行けば、最終的には動画の1.5倍速でも聞き取ることができるようになります。

リスニングについての詳しい勉強法は、

英語耳の作り方、0からのリスニング勉強法もご覧ください。


短期間でやる

これも大事です。終わりが見えている少しの期間だけら頑張れる訳で、英語を一生勉強しろなんて言われたら一瞬で心折れます。

英会話は慣れも大事なので、短期間で集中した方が結果も出やすいです。

筆者の経験から言うと最短で1ヶ月~、最長でも3ヶ月~半年続ければ結果は出ると思います。

とにかく短期間で集中してやってください。


余計な参考書は買わない

新しく勉強を始めるとき、まずは参考書を買うのはもうやめましょう
お金をドブに捨てるだけです。

実は筆者がこのパターンでした。
筆者は何か勉強を始めるとき、まず本屋に行き参考書を3冊程度買い、結局1冊も完璧にせずに挫折すると言うのがいつものパターンでした。
簡単に言うと参考書は買って満足するタイプです。

英会話では参考書はいりません

代わりにツールを使ってください。

はっきり言うとレアジョブ英会話 だけで十分です。

宣伝記事のようになってしまいますが、完全オンラインなので楽ですし安いです。

マンツーマンなので結果が出ます。英会話のスピーキングの部分は今までは習得が難しい分野でしたが、このレアジョブ英会話 のおかげで飛躍的に簡単になりました。

業界No.1でかつ最初の2回は無料でできるので気軽に申し込みできます。
怪しくないのがいいですよね。


 

まとめ

英会話はインターネットのおかげで筆者のような怠け者でも簡単に習得できるようになりました。
昔であれば高い塾代を払って通学する必要があったのが全てオンラインで安く簡単にできます。

Youtubeも最高の無料教材です。

この方法で勉強大嫌いの人でも英会話をマスターしてください!

↑このページのトップヘ