今やアメリカでは欠かせない交通手段の1つとなったライドシェア。空港ではアップライドと呼ばれることもあり、専用の乗り場が用意されています。日本では馴染みがありませんが、アメリカでは今やタクシーは過去の乗り物になりつつあり、ライドシェアが日常生活の隅々まで普及しています。
ライドシェアの乗り方はとても簡単。アプリで車を呼び出しその車に乗るだけ。支払いはアプリ上で行われるのでボッタクられる心配もありませんし、英語が話せなくても大丈夫です。
thought-catalog-643368-unsplash

代表的なライドシェアは2社

代表的なライドシェアや、日本にも進出しているUBER(ウーバー)とLYFT(リフト)です。サービスしているエリアや値段もほぼ一緒のため、どちらか一方のアプリをダウンロードしておけば大丈夫です。
ちなみに筆者はUBER派です。自分の周りもなんとなくですがUBER派の人が多いと思います。

UBER
LYFT

料金は?

料金は距離と時間により上がる仕組みですが、タクシーと比較しても遥かに安いです。地図上で乗車地点と目的地を入力した時点で見積もりの料金が表示されます。目的地に着くまで料金がわからないタクシーとは安心感がまるで違います。また支払いは全てアプリに登録したクレジットカードで行われます。ゲームアプリに課金するような形で支払うイメージです。ぼったくりにあう心配はゼロです。
朝の通勤時間帯、雨の日など需要が多い日にはいつもより高くなることがありますが、その場合でもアプリ上に表示されているので、後から高額な金額を請求されることはありません。

安全性は?

日本の友人から多く質問を受けるのがライドシェアの安全性です。結論から言うと安全性を気にする心配
は不要です。ドライバー、乗客共に相互評価されているので、マナーの悪いドライバー、乗客共に排除される仕組みなのです。それでも安全性を気にされる方は、車を呼ぶときにドライバーの星の数(5点満点)および過去何回乗客を運んでいるかを見ることができるので、例えば星4.8以下のドライバーが呼ばれたら、すぐにキャンセルして次のドライバーを呼ぶことで自分でドライバーを選ぶことができます。
呼んで直後のキャンセルであればキャンセル料は取られません。これはタクシーでも同じですが、乗車中は安全のためシートベルトをお忘れなく。

英語が話せなくても大丈夫?

全く問題ありません。ライドシェアに乗るときは、自分の乗る車の車種、色、ナンバープレートがアプリ上に表示されるのでそれらを目印にします。特にナンバープレートが1番の目印です。車に乗り込む際にドライバーより自分の名前の確認があります。その時のみ英語力が必要ですが、自分の名前の英語の発音と、YESが言えればそれで十分です。後は目的地まで車に乗っているだけ。アプリ上に目的地までのルート、到着目安時間、現在地が表示されるので、もしドライバーがルートを外れてもすぐにわかります。非常に稀ですが、もしドライバーが遠回りをした際は降りた後でウーバーに通報できます。これによりドライバーは罰せられる仕組みです。
下車後は忘れずにドライバーを評価してあげてください。この時チップをあげることもできます。ドライバーの評価を忘れると、自分も評価されなかったり、悪い評価をもらう可能性があるのでご注意ください。悪い評価をもらい続けると利用できなくなる恐れがあります。

ライドシェアはアメリカ旅行では必須のアプリ

ライドシェアはアメリカでは立派な交通手段で、訪れる際は必須のアプリです。ライドシェアに慣れてしまうと、降りる際にいちいち財布を取り出す必要がある日本のタクシーのうんざりします(笑)