英語耳の作り方

英語のリスニングが全く伸びない。いくら聞いても何も理解できない。なんて言ってるかわからない。 こんな悩みをお持ちの人は多いと思います。(筆者もそうでした)

現在リスニングが全く苦手な人がどうやったら英語耳を手に入れることができるのか、最初はHow are you?ですら聞き取れなかった筆者が体験談を元にご紹介します。

TOEIC初受験でリスニング満点とったヒロタビがオススメする勉強ツールはこちら

リーディングもリスニングも苦手な人は

リーディング、リスニング共に苦手な人はまずはリーディングを鍛えるべきです。


読んで理解できないものは、聞いても理解できません。よく考えれば当たり前のことですが見落としがちです。リーディングは単語力と英文書の構造(SVOC)そして日本語との語順の違いを理解すればある程度伸びます。

どちらも苦手な方はまずはリーディング力を鍛え、「英文を理解する」ことをできるようにしてください。

How are you? すら聞き取れない人

さて、ここからが本題です。

昔の筆者のことです。アメリカ人と会話すると、Helloはわかりますがその次になんて言っているのかわかっていませんでした。このように筆者の耳は英語を言語として認識していませんでした。

まずは自分の脳に英語は雑音ではなくて言語だよと教えてあげる必要があります。

このためには、英語と日本語の発音の違いを理解する必要があります。
日本語と英語は発音が全く違います。これは音の性質とかそのような話ではなくで、例えば
How are you?を日本語の頭で読むと「ハウ・アー・ユー」 ですが、ネイティブは続けて「ハワユ」と言います。3単語で1音になっています。

なので文全体から1単語1単語を聞き取ろうと身構えても、聞き取れるはずがありません。

なぜならあなたが一生懸命聞き取ろうとしているその前置詞は、ネイティブはきっちりと発音していないからです。

しかし、文中や会話の中で唯一はっきりと発音される単語があります。

それは名詞です。

I とか you  とか restaurant です。

まずはそれだけを聞き取る練習をしてください。

それでも難しいと感じた場合は、固有名詞だけで良いのでその音を聞き取ってください。

ポイントは意味ではなく、「音」に注目することです。
意味はいいので、名詞の発音を聞き取ってください。

とにかく神経を集中させ、名詞だけでいいので聞き取ってください。

文の意味は関係ありません。

話し始めに注目!

名詞を聞き取ることに慣れたら、次は文頭(話し始め)を聞くことに集中してください。
英語は文頭で重要なことを言います。


文頭3語だけ聞き取れば文全体の流れがわかります。

疑問文なのか、誰が主語で動詞は何なのか。それら全てがわかります。

ひたすら文頭に集中してください。

文頭と名詞さえ聞き取れれば、もうほとんど意味が理解できていると思います。

なぜなら文の内容を自然に推測するようになるからです。

その推測も大体当たっていると思います。

文頭と名詞を聞き取ることの数をこなすことで、前後の動詞も自然に耳に入ってくるようになります。

ここまで行けばもうリスニングは中級レベルを超えています。

リスニング中は目を閉じろ!

リスニングで大事なのは聞き取る「音」に集中することです。
その他の情報は一切不要です。

どんな音が流れているのか、最初は文の意味はわからなくて良いのです。

自分で聞いた音とスクリプトを何度も見比べてみてください。
ある日気づきがあるはずです。

自分の耳で聞いた音ベースで単語の発音を理解することがポイントです。

日本語での発音は忘れてください。

音さえわかればスペルなんて知らなくても大丈夫です。


勉強方法はわかったけど、何を使って勉強すればいい?
筆者のオススメする勉強ツールの一覧はこちら

まとめ

一言でいうと、自分の知っている単語や単語のスペルベースでリスニングをするのではなく、聞いた音ベースで内容を推測、イメージすることが大切です。

いちいち日本語に訳さないで音から単語を推測してください。