ヒロタビライフ

アメリカ生活4年目。サンフランシスコを経てロサンゼルス在住。 旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。 オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。 TOEIC 970 TOEFL iBT 94

タグ:サンタモニカ

サンタモニカおしゃれディナー

サンタモニカでおしゃれなディナースポットを探している、夕日を見ながらディナーを食べたい人、ロサンゼルスで雰囲気のいいレストランを探している、サンタモニカでオススメのレストランってどこ?」

このような疑問にお答えいたします。


アメリカのレストランは値段の割に当たり外れが大きいので事前のリサーチが欠かせません!

この記事を書いている筆者はサンタモニカの「Water Grill」には何度も行っています。

サンタモニカ観光の際はぜひオススメできるレストランです。
ロサンゼルス在住の人にも最適なデートスポットや記念日のディナーに最適な場所です。

実体験を元にレビューいたします。

サンタモニカの「Water Grill」に行ってきた

筆者の説明より写真の方がわかりやすいと思うので、画像中心にご紹介します。 
Images from : https://www.yelp.com/biz/water-grill-santa-monica-santa-monica 

店内の雰囲気は最高です。
サンタモニカおしゃれディナー2


店内からの景色も最高です。
サンタモニカおしゃれディナー


店内からの景色がこれです。ビーチの目の前です。
サンタモニカおしゃれディナー


店内もおしゃれです。
サンタモニカおしゃれディナー


バーカウンターや
サンタモニカおしゃれディナー


ソファー席があります
o (6)


オープンキッチンで調理の様子も見えます
サンタモニカおしゃれディナー




〜料理も最高に美味しいです〜

1番人気メニューのチリアンシーバス(スズキ)のブラウンバターソース
サンタモニカおしゃれディナー

1番人気かつ筆者も毎回注文する超人気メニューです。

脂ののったスズキはすごくジューシーなのにさっぱりしていて、ブランバターソースとの組み合わせは最高です。

わざわざこれを食べに行く価値は十分にあります。

新鮮なオイスターも有名です。値段に見合う美味しさです。
サンタモニカおしゃれディナー


お手頃価格のロブスターロールも絶品です。

シーバス、オイスター、ロブスターロールが三大オススメメニューです。

ロブスターロールはランチにもオススメです。

サンタモニカおしゃれディナー


景色最高、雰囲気最高、料理最高、それに加え、立地も最高です。

サンタモニカピアの人気のショッピングエリア、サードストリートのすぐ近くにあり、初めての人でも迷うことはありません。


土地勘のない場所に行く際は、わかりやすい場所にあるのもマストな条件ですよね。

1401 Ocean Ave Santa Monica, CA 90401

サンタモニカでおしゃれなレストランを選ぶとき知っておくべき知識

レストランの紹介は以上ですが、訪れる際に知っておきたい知識もご紹介します。


〜ドレスコードについて〜

ロサンゼルスの場合は超高級レストランでもない限りドレスコードには厳しくありません。

しかしWater Grillなど雰囲気にも力を入れているレストランでは、ビーチサンダル、Tシャツは控えた方が良い場合もあります。
目安はYELPのアプリで$$$以上、すなわち一人50ドル以上かかるレストランでは少しだけですが外見にも気をつけた方が良いです。

短パンで問題ありませんが、ビーチサンダルではなくて、Tシャツではなくてポロシャツを着用すれば問題ありません。


〜予約について〜

事前に行くレストランが決まっている場合は、必ず予約することをオススメします。

アメリカでは予約が優先のため、予約していない空席があっても待たされることが普通です。

YELPを使えばアプリ経由で予約ができるので、電話する必要もないので英語が話せなくても大丈夫です。


〜駐車場について〜

サンタモニカの駐車場について紹介します。

2nd ストリートに最初の90分間無料の立体駐車場があります。90分を過ぎてもその後は30分ごとに2ドルと非常にお手頃です。


ダウンタウンサンタモニカエリアでのパーキングはここもしくは、オーシャンアベニュー沿いのストリートパーキングがオススメです。



サンタモニカの「Water Grill」おしゃれなディナーにオススメなので是非行ってみてください。


ロサンゼルス、サンタモニカエリアのホテルは非常に高額なので、もし行かれる際はホテルの価格比較をオススメします。




2年前から電動シェアスクーターのLimeやBirdが熱狂的に流行ったサンタモニカエリアですが、昨年10月にサンタモニカでサービスを開始したシェア電動自転車サービス「JUMP」が今すごい勢いで伸びています。JUMPの特徴はなんと言っても乗り捨てできるところ。決められたステーションはなく、好きなところから乗り好きなところで乗り捨てすることができます。
電動シェア自転車JUMP
オレンジ色の自転車がとても目立ちます。


JUMPってなに?

JUMPはニューヨーク発のスタートアップで、電動シェア自転車の他に、LimeやBirdのような電動シェアスクーターも提供しています。電動シェアスクーターは行政の許可無くして発展は不可能なので、許可されいている地域が限られていますが、それは電動シェア自転車も同じです。
JUMPで乗り捨て型の電動シェア自転車として初めてサンフランシスコ市から許可をもらったことで話題になりました。

なぜ流行っている?

流行っている理由はいくつかあります。

・UBERのアプリで簡単に探せて乗れる
これが1番の理由です。すでに大量のユーザーが使っているUBERのアプリで、車を呼ぶのと同じ感覚でバイクを探せます。新たにアプリをダウンロードする必要も使い方を覚える必要もないのです。
電動シェア自転車JUMP
まるで乗る車を探すように自転車とスクータを探せます。

電動シェア自転車JUMP
地図を拡大すると、自分の周りにあるスクーターや自転車がわかります。

電動シェア自転車JUMP
選択すると、自転車もしくはスクーターへの行き方、バッテリーがあとどれくらい残っているのかもわかります。

あとはそのまま予約し、画面に暗証番号を自転車に入力してロックを解除します。
支払いはもちろんUBERのアプリ上で終わります。


・スクーターより安全で楽
電動スクーターは車との接触事故が起きるなど、安全性について疑問が残っています。ルール上ではヘルメットの着用と免許証の登録が義務付けられています。
それに対し、自転車であれば皆乗り方がわかりますし、自転車が走行するレーンやルールも決められています。それに座って移動できるのは、立ったまま乗るスクーターと比較してもやはり楽です。
電動自転車なので本当に軽いですしスピードも出るので街中であれば車と遜色無いスピードで移動できます。

自転車が街中に放置されて邪魔ではない?

アメリカでは問題ないといのが筆者の見解です。アメリカは道幅が広く、歩道にも余裕があるので自転車やスクーターが置かれていても問題ありません。しかし日本の街中では乗り捨て型は厳しいと思います。土地に余裕のない日本ではコンビニ前にステーションを置く方法などでないと難しいでしょう。

今後の展望は?

電動スクーターよりも安全なので、今後他の市当局から許可を得てどんどんエリアは広がると思います。UBERの利用者がそのまま利用できるというメリットを生かして、爆発的に成長すると思われます。


IMG_3072

アメリカでは歩道に自転車が置かれていても十分のスペースがあります。

↑このページのトップヘ