ヒロタビライフ

アメリカ生活4年目。サンフランシスコを経てロサンゼルス在住。 旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。 オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。 TOEIC 970 TOEFL iBT 94

タグ:アメリカ旅行

自動車大国のアメリカ。ニューヨークやシカゴなどの大都市を除いたほとんどの地域が車社会です。

日本からの観光客が多いハワイやカリフォルニアも車がないと行動範囲がグッと狭まります。 逆に言えば、自分でレンタカーを運転できれば行動範囲は簡単に広がり、ツアーやバスの手配もしなくて良いのでお財布にも優しいです。

レンタカーの料金、ガソリンは日本より遥かに安く、高速道路も一部を除きタダなので非常に便利です。

そこで今回は初めてアメリカで運転する方向けに注意事項をまとめました。
これらの事項だけ気にすれば、アメリカには日本のような狭い道がないのですぐに運転に慣れると思います。


アメリカのレンタカーは会社、季節により大きく値段が変わります。
レンタカー版価格comを使って値段を調べるのをお忘れなく。
レンティングカーズは最安値保証で日本語サポートなので、初心者の方にもオススメです。

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約
パソコン、スマホで!一括比較検索!最安値保証!



右側通行

言わずと知れた日本との最大の違いは右側通行です。

日本から来たばかりの時は特に意識する必要があります。特に右左折時に誤って左側のレーンに入らないように注意が必要です。

一度も経験したことがないと、「右側通行は怖い」と思いがちですが、以外とすぐに慣れます
単純に左右が逆なだけなので、慣れてしまえば難しいことではありません。

アメリカで初めて運転する時に気をつける

KMではなくマイル表示

日本では速度や距離はKM(キロメートル)表記ですが、アメリカはMile(マイル)表記です。

道路標識は全てマイル表示で、車のスピードメーターはもほとんどがマイル表記です。(マイルとキロメートルを変更できるもの、両方併記されている車もあります)

なんでキロメートルじゃないの?紛らわしい!と思われるかもしれませんが、簡単な覚え方もあります。

30マイルで50km、60マイルが100kmです。おおよそにはなりますが、頭の中でこれらの数値に変換すれば迷うこともなくなります。

例えば高速道路を60マイル=時速100キロで走行しているとすると、60マイル先には60分後に到着しますよね?高速道路の表示で、目的地まで後30マイルと書いてあればおおよそ30分、90マイルと書いてあればおおよそ90分で目的地に到着できます。

慣れてしまうと、マイル表記は後どれくらいで目的地に到着できるのかが一発でわかるので以外と便利に感じます。


赤信号でも右折可能

アメリカでの代表的なルールに挙げらるのが赤信号でも右折可能なことです。
一部の交差点(必ずNO TURN ON REDと書いてあります)を除き、アメリカでは赤信号でも右折が可能です。

ただし、一時停止の上、歩行者はいないか、左から車は来ていないか、対向してくる左折車はいないかの3点を確認する必要があります。
赤信号で右折する車は上記を優先する義務がありますので、必ず一時停止の上安全をよく確認してください。

逆に怖がって赤信号で右折しないでいると後ろからクラクションを鳴らされますので、怖いからと言って赤信号で右折しないというのもオススメしません。


ロータリー(環状交差点)

最近日本にも登場しましたが、アメリカにもロータリーと呼ばれる環状交差点があります。設置場所は交通量の少ない住宅地がメインですが、ロータリーはルールを守らないと非常に危険ですので注意が必要です。
ルールは日本と同じで、左右の回りかた逆になるだけです。日本は時計回りですがアメリカは反時計回りです。
ロータリーに入る前に徐行し(他の車や人がいない限り一旦停止する必要はありません。)、内側に車がいなければロータリーに侵入できます。
内側の車が優先です。


アメリカ初めて運転

YIELDの標識

ロータリーの入り口に必ずある看板が「YIELD」です。日本にはない他、馴染みのない単語なので意味がわかりずらいと思います。

一言でいうと「譲れ」です。日本でいう徐行に近いと思います。

「YIELD」がある時は、自分ではなく相手の車が優先で、自分はいつでも止まれるようにしなければなりません。

「YIELD」の表記を見かけたら、基本一時停止するつもりで交差点に侵入し、他の車や人がいなければそのまま止まらずに交差点を通過してください。


アメリカで初めて運転する時に気をつける

全方向一時停止

「止まれ」が「STOP」なのは皆さんご存知ですが、アメリカにはAll-WAY「STOP」の交差点があります。これは日本語に訳すと全方向一時停止といい、その交差点に入る全ての車が一時停止しなければなりません。日本では交差点で一方が一時停止の場合、交わる方の道は優先道路となり停止する必要はありません。

しかしこの全方向一時停止の場合はその交差点に入る全ての車が一時停止しなければなりません。

この場合の優先順位(発進できる順番)は少し複雑です。
1、先に来た車
自分より先に停止していた車が優先です。自分が交差点で停止した時に既に2台の車がいたら、その2台の車が交差点を抜けるまで自分は発進できません。

2、同時の場合は自分より右側にいる車
もし自分と同時に他の車も停止したら、自分より右側にいる車が優先です。
同時に停止した車が自分より左側なら自分が先、自分が左側なら相手が先です。


都市部の大通りでは少ないですが、田舎道や住宅街では多く見られますので、このルールには注意してください。
「STOP」の表記の下に「ALL WAY」と書いたサインが目印です。(たまに「STOP」のみのところもあります。)

横断歩道では必ず歩行者優先

アメリカでは横断歩道では必ず歩行者優先です。

歩行者の方も日本のように左右を確認して車が途切れたら渡るのではなく、車が停止することを前提にどんどん渡ってきます。

横断歩道付近では必ず左右に目をやり歩行者がいないかを確認してください。
歩行者が渡ろうとしていたら、必ず停止し歩行者に譲る必要があります。

アメリカで初めて運転する時に気をつける

スクールバス

映画やドラマでもよく見かける真っ黄色のスクールバス。アメリカは大学生以下は親の送迎もしくはスクールバスでの通学が基本です。

実はこのスクールバスについて一つ重大なルールがあります。
乗降中のバスの追い越し、すれ違いは禁止されています。

乗降中のスクールバスがいたら、バスの後ろの車、対向車線の全ての車が乗降が終わるまで停止して待たなければなりません。

乗降中のバスは「STOP」の標識が掲げている他、ランプが点滅しているのですぐにわかります。

交差点での黄色信号

日本の交差点では信号が黄色の内に交差点に侵入すれば違反にはなりませんが、アメリカでは交差点を渡りきる前に信号が赤になったら違反になります。

つまり黄色信号で交差点に侵入した場合でも違反になる場合があります。

自分の方が赤になってから、他方が青になるまでの感覚も日本より短いので、これには注意が必要です。
日本の感覚で黄色でセーフと思っていたら後ろからサイレンがなんてこともありえますのご注意ください。

制限速度の変化

最後に制限速度の変化についてお伝えします。
アメリカの田舎道では街中と郊外とで制限速度が大きく異なります
街中では30マイル、郊外では50〜60マイルの場所が多いです。

特に郊外から街中に入る場合は必ず標識を確認して速度を落としてください。

警察も頻繁にスピード違反の取り締まりをしていますので、せっかくの旅行中に嫌な思い出を作らないように、スピードリミットの標識には必ず目を向けてください。


グリフィス天文台への行き方バス駐車場
ロサンゼルスを代表する人気観光スポットのグリフィス天文台。


ラ・ラ・ランドを始めとした様々な映画のロケ地としても有名な他、何と言ってもロサンゼルスの夜景を一望できるスポットとして大人気です。


ロサンゼルス観光では外せないスポットです。


LA在住者が勧める、ここだけは行け!ロサンゼルスの観光スポット10選はこちら



グリフィス天文台の見所

まず天文台の建物も綺麗かつ歴史を感じさせるとても雰囲気の良い建物です。
内部は宇宙についてのミニ博物館になっていて、様々な技術が搭載されたプラネタリウムもあります。

ハリウッドサインを間近で見ることができるスポットとしても有名です。

天文台は1935年に標高1,134フィート(約346m)の山の頂上に建築され、2006年のリニューアルに合わせて展示場やカフェが増設され、今では年間100万人以上が訪れています。

観光客のみならず、地元の人も定期的に訪れるスポットです。

身近な観光地は、いつでも行けるから逆に行かないパターン(東京タワーのような)が多いですが、グリフィス天文台は地元の人でも何度でも行きたいと思わせるスポットです。

グリフィス天文台への行き方

天文台はロサンゼルスのダウンタウンやハリウッドからそう遠くないエリアにありますが、山の頂上にあるのが特徴です。

〜ウーバー、リフト〜

1番簡単な行き方になるのが、ウーバーやリフト等のライドシェアを使っていく行き方です。スマホでどこでも呼べて、料金もわかるので安心です。

しかし、帰りは少し大変です。

グリフィス天文台は山の上にあり、一本道です。

週末の夜は道が混んでいて到着まで時間がかかります。

また料金が通常よりかなり高い場合があります。

ですがそれでも速くて安全なのがライドシェアです。

ライドシェアが山の上まで来るのに時間がかかり過ぎる、もしくは高過ぎる場合、
バスを使うこともできます。


〜バス・地下鉄〜

グリフィス天文台と地下鉄レッドラインのVermont/Sunset駅の間にバスがあります。
DASHというバスです。
平日、土日に関わらず料金は50セント、片道25分、20分間隔で走っています。
グリフィス天文台発の最終便は夜10時発で、天文台の閉館時間と同じなので安心です。

ロサンゼルスの夜のバスはあまり安全ではありませんが、この路線は観光客の利用が多いので比較的安全です。

地下鉄レッドラインはハリウッドとダウンタウンを結んでいるので、宿泊先がリトルトウキョウ周辺のホテルの場合は、最初から地下鉄とバスで行くのも良いです。

グリフィス天文台の駐車場について

こもちろんレンタカーや自家用車でも行くことができます。
駐車場は大きく分けて3箇所あり、山の下のザ・クリーク・シアター付近、そして途中の道路上のストリートパーキング、山の頂上の天文台に駐車場があります。

1、山の下

山の下のザ・クリーク・シアター付近には広い駐車場があり、「山頂は満車なのでここに停めるように」と看板が出ていることが多いです。

が、無視して先へ進むことをオススメします。


山の下にとめてしまうと、片道20~30分近くかけて歩いて山を登る必要があるからです。
歩いて山を登るのは大変なのでオススメしません。


2、山の途中

オススメは道路上のストリートパーキング
です。

山頂の駐車場は常に混んでおり、駐車待ちをすることも珍しくありません。

空きや出そうな車を見つけたら道路脇のストリートパーキングに停めてしまうのが1番はやく簡単です。天文台までは少し歩くことになりますが、駐車場待ちが生じている場合は歩いた方が早いです。

3、山頂

1番天文台に近い駐車場ですが、スペースに限りがあるため週末の夜は入庫待ちの列に並ぶ必要があり、駐車するまでに場合によってはかなり時間がかかります。

1度入庫待ちの列に入ってしまうと身動きが取れなくなるので、できる限り駐車場手前のストリートパーキングに停めることをオススメします。

空いている時間帯であれば山頂の駐車場でも大丈夫です。


まとめ

以上がグリフィス天文台への行き方と駐車場についての説明でした。
ロサンゼルス・LA観光では必須のポイントなのでこれを参考にぜひ行ってみてください。

ロサンゼルスの治安
カリフォルニア州の人気観光スポットのロサンゼルス。アメリカ第二の都市で人口は東京とほぼ同じです。銃社会のアメリカということもあり、日本から観光に来られる方は治安が気になると思います。

正直にいうと、ロサンゼルスには治安が悪く絶対に近づいてはいけないエリアがあります。
ロサンゼルス在住者が教えるこのエリアだけには行くな!

しかし決してロサンゼルス全体が危険な訳ではなく、しっかりと危険なエリアを把握することで安心して旅行したり住んだりできます。
是非この記事を読んで、ロサンゼルスで治安の悪いエリアを把握してください。


スキッド・ロウ

全米1ホームレスが多いと言われているエリアスキッドロウ。ダウンタウンの近くにあるジャパンタウンのすぐ隣にあります。エリアの中は麻薬中毒者が数多くおり昼間でも近づくのは危険です。
歩道をテントやダンボールの家が占拠しておりとても歩くことはできません。ゴミが落ちているを通り越し道路上はゴミの山です。

ジャパンタウン内も浮浪者が歩いていることもあるので、決してぶつかったりしないよう気をつけてください。夜出歩くのは控え、必ず出歩く場合は複数人で外出してください。
ただしジャパンダウン内であれば昼間は安全です。

スキッド・ロウのストリートビューの画像です。
不穏な雰囲気が漂っています。



サウスロサンゼルス一帯

サウスロサンゼルスと呼ばれるダウンタウンの南側に広がる広いエリアです。フリーウェイの110号線および、ロングビーチへ向かうメトロが通っているエリアです。このエリアはとにかく危険です。

夜間はもちろん昼間も避けるべきです。

LA地区で起こる殺人事件はほぼこのエリアで発生しており、夜間は信号待ちで止まるのも危険だと言われています。歩いているだけの無実の歩行者が何者かにより銃殺される事件も後を立ちません。ギャングが多く存在し、警察も寄り付かないとさえ言われています。
ロサンゼルス出身のアメリカ人もこのエリアには行ったことのない人がほとんどです。
冗談ではなく命の危険があるエリアです。

ただし、フリーウェイの110号線から降りなければ安全です。



ロサンゼルス国際空港周辺

ロサンゼルス国際空港周辺、特に空港の東側のイングルウッドと呼ばれるエリアは危険です。
空港の東側一帯は、航空機が真上を通るのでその騒音から地価が安くなっています。


これにより所得の低い貧困層が集まるエリアになり、治安が悪いのです。
かつてこのエリアの吉野家で日本人が何者かにより銃殺される事件も起きました。



危険なエリアの見分け方

こ危険なエリアは一目見ただけでもわかる特徴があります。これらの特徴に一つでも該当する場合、すぐにその場を立ち去りましょう。

・塀や柵が高い

これは代表的な危険なエリアの特徴です。強盗や不法侵入を防ぐため、危険なエリアでは家や建物を囲っている柵や塀が異様に高かったり、有刺鉄線が巻かれていたりします。

・壁に落書き
これは日本でも同じですが、壁にスプレーなどによる落書きが多いエリアは危険です。

・道路や歩道がゴミだらけ
浮浪者の多いエリアの特徴として道路がゴミだらけであることが挙げられます。ゴミの多さはそのエリアの住民のモラル、マナーと反比例します。ゴミの多いエリアは要注意です。


一口にロサンゼルス・LAと言っても、関西圏くらいある非常に広いエリアなので、事前リサーチはお忘れなく!
筆者も最初にロサンゼルスに来た時に購入しました。



ロサンゼルスのインスタ映えするかわいいカフェをご紹介します。

3選としたのは、この中から選んで欲しいのではなく3つ全部に行くのがオススメだからです!しかもこの3つは見かけだけではなく、食べ物も美味しいところです。

ロサンゼルスでかわいいカフェをお探しでしたら是非行ってみてください。

26 Beach Restaurant

思わず写真を撮りたくなるかわいい内装と最高のフレンチトーストが食べられることで大人気の26ビーチレストランです。

インスタ映えにも最高のスポットです。場所はワシントンブルバードにあり、位置的にはベニスビーチの近くです。

店内は2つのエリアに別れており、入って左側のエリアにはまるでおとぎ話に出てくるような可愛い世界が広がります。季節により内装の飾り付けも変わり、シャネルなどのブランド品が並べられる時期もあります。

休日午前中は1時間以上の待ち時間となるため、時間に限りがある方は事前の予約をオススメします。
SS 2019-02-19 14.51.37

ただかわいいだけではなく、食べ物の味も最高です。特に有名なのはフレンチトーストで、10種類以上もあります。(フレンチトーストは3時までの提供なのでご注意ください。)


オススメのフレンチトーストはクロワッサンを使ったピーチメルバです。クロワッサンの上に焼いた桃、バニラアイスクリームが乗り、その上からキャラメールソースがたっぷりかかっています。

サクサクのクロワッサンにナイフを入れる瞬間はまさに至福のひと時です。

ロサンゼルスのかわいいカフェ


Urth Caffe

ロサンゼルスでは定番のデートスポットのアースカフェ。ロサンゼルスエリアに複数の店舗があり、それぞれの店舗でオーガニックでヘルシーな飲み物と食べ物が楽しめます。カフェとしての利用もよし、ランチスポットとしても良し。とにかく1度行く価値はあります。

オススメのドリンクは抹茶ボバティーです。本格的な抹茶の香りが広がりつつも飲みやすいので、筆者も毎回注文しています。

料理は提携先の農家からオーガニックの食材を取り寄せてつくられているだけあって、店内には農家の方々の写真なども飾られています。オーガニック食材にこだわったヘルシーなメニューはどれも満足できる美味しさです。

見た目や雰囲気、ヘルシーさや安全性だけでなく、さらに美味しさまで兼ね備えているのがアースカフェの魅力です。セレブリティ御用達なのも頷けます。
ロサンゼルスのかわいいカフェ


Bondi Harvest

ホームメイドのヘルシーな料理が楽しめるおしゃれなカフェがボンダイハーベストです。

ヘルシーなパンケーキや、サラダ、グレインを使った料理がオススメです。店内はあまり広くありませんが、外の店舗脇にもイートスペースがありそこがオススメです。

店舗の雰囲気は正に海がある街のビーチライフという感じで、ゆったりとした空気が流れます。お店推奨の真上からの料理のショットは、正にインスタ映えそのものです。
ロサンゼルスのかわいいカフェ

オススメのパンケーキとサラダ。サンドイッチやブリトーも美味しいです。
ロサンゼルスのかわいいカフェ



まとめ

これら3つの場所は見た目だけではなく味も期待できるかわいいスポットです。

せっかくロサンゼルスに来たのであれば、是非3つとも訪れてみてください。




ロサンゼルスに旅行に来る日本人の方が旅行最終日に探しているもの。それはお土産、しかも小分けできるお菓子ですね。国内旅行に行けばありとあらゆる種類の小分けのお菓子が売っていてお土産には困りません。しかしアメリカでは旅行のお土産としてお菓子を買う習慣はないので、日本で受けが良い小分けになっているお菓子のお土産を探すのはなかなか大変です。そこで今回はそんなお悩みを解消できるよう、ロサンゼルス・LAのお土産(お菓子編)をご紹介します。

シーズキャンディーズ

ロサンゼルス発のキャンディー・お菓子ショップとして80年以上の歴史を持つのがこのシーズキャンディーズです。ロサンゼルスのみならず世界各地に店舗がありますが、発祥の地はこのロサンゼルスです。キャンディーの他にチョコレートも取り扱っている他、店内には様々な種類のお菓子があるため、渡す相手によって色々な物を選べるのも魅力です。
ロサンゼルスエリアだけで20店舗以上あるので、観光のついでにお土産も購入できてしまいます。
ロサンゼルスのお土産(お菓子編

ギラデリチョコレート

こちらは同じカリフォルニアでもサンフランシスコ発のチョコレートですが、カリフォルニアのお土産と言えば定番中の定番です。様々な味の個包装のチョコレートを1個単位で買える他、おしゃれなギフトボックスや、本格的な贈呈用のものもあるので、ここに行けば全員分のお土産が揃ってしまいます。ギラデリのショップの他、普通のスーパーなどでも売っているので、時間がない時や買い忘れてしまった時などでも購入できます。
ロサンゼルスのお土産(お菓子編)

マカダミアナッツチョコレート

またもやチョコレートですが、こちらはマカダミアナッツ入りのチョコレートです。アメリカと言えば観光地パッケージのマカダミアナッツチョコ!だと思っている人も多いくらい、昔からの定番のアメリカ土産です。観光地のお土産屋にはほぼ必ず独自のパッケージでのチョコが売られています。例えばハリウッドのパッケージなんかがLAらしいですよね。ただしこちらは個包装ではないため、一気に大勢に配るのには適していますが一人一人に配るのには向きません。
ロサンゼルスのお土産(お菓子編)

(番外編)ナパorソノマワイン

もし大切な人へのお土産でしたら、カリフォルニア産のワインがオススメです。ワイナリーで購入する際は、海外へ持ち帰る旨を伝えればきちっと梱包してくれます。空港のカウンターでもワインと伝えれば、割れ物として丁寧に預け入れができます。ナパやソノマの有名ワインも、日本で買うよりかなり安く買えるので、ワイン好きの方は自分用に持ち帰るのもありです。

ロサンゼルスのお土産(お菓子編)

↑このページのトップヘ