ヒロタビライフ

アメリカ生活4年目。サンフランシスコを経てロサンゼルス在住。 旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。 オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。 TOEIC 970 TOEFL iBT 94

カテゴリ: アメリカ生活


ロサンゼルスのラーメンが高すぎる理由

こんにちは。ラーメン大好きのヒロタビです。

ロサンゼルスでは、幸いなことに日本と変わらないクオリティのラーメンを食べることができるので、海外生活者としては非常に恵まれていると感じてます。

しかし、実は一つだけ問題があります。


それは、ラーメンの値段が高すぎることです。


こないだ嵐も同じことをテレビで言っていました笑


そこで今回なぜこんなにラーメンの値段が高いのかを調べてみました。


1杯2000円近い

そうなんです。日本では高くても1杯千円前後ですが、

しかしここロサンゼルスでは、ラーメン1杯食べるだけで2千円近くかかります。

正確に言うと、

1杯1200~1700円程度+消費税9.25%+チップ(15~20%)

というコンボです。

これにより、本当にラーメン1杯食べるだけで2千円近くかかるのです。

サイドメニューのライスや餃子なんてつけたら確実に2千円オーバーです。

そこでなぜラーメンがこんなに高いのかをリサーチしてみました。

人件費が高い

店側が日本より高い値段設定する理由として、

日本と比べてロサンゼルスは家賃も人件費も高いことが揚げられます。

2019年2月現在のロサンゼルスの最低賃金は$13.25で日本円にすると約1473円です。

東京都の最低賃金985円なので、単純計算で人件費だけで1.5倍です。

これでは日本と同じ値段ではやってられませんよね。

消費税が高い

こ日本の消費税も現在8%で、近いうちに10%に引き上げられますが、ロサンゼルス市の消費税は現在9.75%で、日本よりも高額です。

実は、アメリカは同じ州でも市によって消費税の金額が違うので、南のトーランスエリアでは消費税はもっと安くなります。

チップは別に必要

アメリカを代表する文化であるチップ制度。

ランチでは15%程度、ディナーでは20%が目安です。

日本ではファーストフードのようなイメージのあるラーメンですが、アメリカではしっかりと店員さんが持ってきてくれるので、チップの支払いが必要です。

日本では馴染みがないので抵抗があると思いますが、アメリカではチップは必須です。

チップの支払いを拒否することもできますが、きちんと理由を述べる必要があります。
(サービスのどこが悪かったか等)

ラーメン屋はおしゃれなデートスポット

実はアメリカ人にとってのラーメン屋は、デートで使うようなおしゃれなレストランです。

内装やサービスは日本文化を感じることができるクールな場所で、友達や恋人と来る人が多いです。

一人で来ているアメリカ人はあまり見かけません。

日本では逆に一人で行くことが多い場所なので、かなりギャップがあると思います。


日本でもデートスポットになるようなレストランは値段が高めのところが多いと思います。

アメリカ人にとってのラーメン屋はおしゃれなデートスポットなので、安くある必要は薄いのかもしれません。

美味しく安くラーメンを食べるのなら日本が一番ですね笑


主人公が殺され日を繰り返す、2017年に米国で公開された映画ハッピー・デス・デイの続編となるハッピー・デス・デイ・トゥーユーがバレンタインデーに公開されたので、早速見て参りました。

まだ見ていない方が多数だと思いますのでネタバレは無いです。ご安心ください。

ハッピー・デス・デイとは?

ハッピー・デス・デイとは1作目が2017年10月に米国で公開されたサスペンスミステリー系映画で、低予算ながら週末興収でランキング1位を獲得する人気を得ました。

日本公開が待望されていますが、現時点では1作目、2作目共に日本公開は未定です。日本ではDVDやYoutube等のオンライン配信で見るしかなさそうです。

主人公が自分を殺した犯人を突き止めるまで、何度も同じ日が続き、様々な死に方で殺され続けると言う映画です。

犯人は主人公が通う大学のスポーツチームのキャラクターであるベイビーマスクを被っており、そのマスクが不気味さをより一層掻き立てています。

1作目のトレイラーはこちら


続編のあらすじは?

続編となるハッピー・デス・デイ・トゥーユーのあらすじは、主人公のツリーだけではなく、周りの人も巻き込んだ内容となっています。

より楽しむために1作目をもう一度見返すのもいいかもしれません。

そして1作目は明かされなかったタイムループの秘密や、ついにあの人登場!といった形であの人が登場するのも感動するところです。

笑いあり、涙あり、ヒヤヒヤあり、アクションや爆破シーンありの豪快な内容になっています。
続編のトレイラーはこちら

ホラー好きも楽しめる?

ホラー好きも、そうでない人も楽しめるマイルドホラー系です。

ガチ怖いのが好きな人には物足りないかもしれませんが、ホラー好きの人でも十分に楽しめるヒヤヒヤ感はあります。

特に仮面を被った犯人に追われるシーンのヒヤヒヤ度は1作目に負けていません。

キャストは?

遊び人ですがユーモアがあり、しかも可愛い主人公のツリー。

ツリーを演じるのは、前作と同じくジェシカ・ロ-テです。
『ラ・ラ・ランド』にもわき役として出たジェシカは、『ハッピーデスデー』における絶叫や顔芸などが高い評価を得た人物です。
2作目も1作目に負けないくらい顔芸が炸裂しています。

ジェシカの顔芸目当てで見るのも良いかもしれません。

男ですけどカイリーコスメティクスのアイシャドウパレットをレビューしてみましたw

最近は【公式】バルクオム/BULK HOMME のようなメンズ向けの化粧品もありますけど、やはり女性向けがメインですよね!

ちなみにバルクオムは今男ウケ抜群のプレゼントなので、女性の方はバルクオムプレゼントすれば間違いありません。


それでは本題です!



超大人気なのに日本では販売されていないのが残念なカイリーコスメティクス。

マークザッカーバーグを抜いてアメリカ最年少のビリオネア候補で、インスタのフォロワー数は日本の人口とほぼ同じの1億3千万人

インスタ女王であり、起業家としても多才なカイリーのプロデュースしているコスメは、アメリカの10代女子の最先端のみならず、誕生日プレゼントやバレンタイン、記念日などのプレゼントにも最高です。

筆者は男ですが、一緒に住んでいるルームメイトがカイリーの大ファンで、彼女のコスメを溺愛しているのでちょっと借りてきました。


カイリーの金持ちすぎる日常についてはこちら

*日本では中国製の偽物も出回っているようですのでご注意ください。

早速レビュー

今回レビューするのは、KYLIE'S FAVORITESセットに入っていたアイシャドウパレットです。
カイリーとカイリーの親友でモデルのジョーディン・ウッズがコラボしたプレートで、このプレートを使えばカイリーやジョーディンのようになれるのが売りです。もちろん12色もあるので自由にカスタムできるのも大きな魅力です。

カイリーコスメというとリップが人気だとも思いがちですが、アイシャドウなどのセットも大変な人気です。
ちなみにカイリーのリップが人気なのは、カイリーのようなプルプルのリップをみんなが手に入れられるように立ち上げたブランドがカイリーコスメの始まりだからです。

レビューするのはこの商品です。



早速写真で紹介して行きます。

カイリーコスメのアイシャドウパレットをレビュー

アイシャドウパレットが入っている箱です。カイリーとジョーディンが大きくデザインされていて可愛い箱です。


カイリーコスメのアイシャドウパレットをレビュー

箱の裏側です。中にどのような色のアイシャドウが入っているのかが書いてあります。
色の名前がユニークなのでそれは後ほど詳しく説明します。


カイリーコスメのアイシャドウパレットをレビュー

パレットの表面です。カイリーとジョーディンのコラボモデルです。


早速開けましょう!

カイリーコスメのアイシャドウパレットをレビュー

12色のカラーと鏡がついています。
色合いがとてもよく、シンプルなブロンズからブレンドしたオリジナルカラーまで自由自在です。

入っている色は左上から以下の通りです。

Wife life 「妻の生活」
Loyal 「忠実」
True love 「真の愛」
Peru 「ペルー」
Soul mate 「親友」
My heart 「私の心」
Don't ever leave me 「私を一人にしないで」
Sister 「妹」
Ride or die 「あなたのためならなんでもできる」
Marry me 「私と結婚して」
Wild love 「野生の愛」
Love you b*tch 「愛してるぜ!」

ご覧のように色の名前は二人の仲の良さを表しています。


ちなみに右上の「My heart」を使うとこのような感じになるようです。


どこで買える?

現在日本では正式に購入できる場所は残念ながらありません。。。。
BUYMAなどでも購入できますが、元の値段を知ってしまうと割高感がいがめません、、、

公式サイトでは日本への配送も対応していますし、ほとんどの場合で送料無料ですので、公式サイトでの購入がオススメです。

サイトは現在英語のみですが、後日買い方を紹介したいと思います!



自動車大国のアメリカ。ニューヨークやシカゴなどの大都市を除いたほとんどの地域が車社会です。

日本からの観光客が多いハワイやカリフォルニアも車がないと行動範囲がグッと狭まります。 逆に言えば、自分でレンタカーを運転できれば行動範囲は簡単に広がり、ツアーやバスの手配もしなくて良いのでお財布にも優しいです。

レンタカーの料金、ガソリンは日本より遥かに安く、高速道路も一部を除きタダなので非常に便利です。

そこで今回は初めてアメリカで運転する方向けに注意事項をまとめました。
これらの事項だけ気にすれば、アメリカには日本のような狭い道がないのですぐに運転に慣れると思います。


アメリカのレンタカーは会社、季節により大きく値段が変わります。
レンタカー版価格comを使って値段を調べるのをお忘れなく。
レンティングカーズは最安値保証で日本語サポートなので、初心者の方にもオススメです。

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約
パソコン、スマホで!一括比較検索!最安値保証!



右側通行

言わずと知れた日本との最大の違いは右側通行です。

日本から来たばかりの時は特に意識する必要があります。特に右左折時に誤って左側のレーンに入らないように注意が必要です。

一度も経験したことがないと、「右側通行は怖い」と思いがちですが、以外とすぐに慣れます
単純に左右が逆なだけなので、慣れてしまえば難しいことではありません。

アメリカで初めて運転する時に気をつける

KMではなくマイル表示

日本では速度や距離はKM(キロメートル)表記ですが、アメリカはMile(マイル)表記です。

道路標識は全てマイル表示で、車のスピードメーターはもほとんどがマイル表記です。(マイルとキロメートルを変更できるもの、両方併記されている車もあります)

なんでキロメートルじゃないの?紛らわしい!と思われるかもしれませんが、簡単な覚え方もあります。

30マイルで50km、60マイルが100kmです。おおよそにはなりますが、頭の中でこれらの数値に変換すれば迷うこともなくなります。

例えば高速道路を60マイル=時速100キロで走行しているとすると、60マイル先には60分後に到着しますよね?高速道路の表示で、目的地まで後30マイルと書いてあればおおよそ30分、90マイルと書いてあればおおよそ90分で目的地に到着できます。

慣れてしまうと、マイル表記は後どれくらいで目的地に到着できるのかが一発でわかるので以外と便利に感じます。


赤信号でも右折可能

アメリカでの代表的なルールに挙げらるのが赤信号でも右折可能なことです。
一部の交差点(必ずNO TURN ON REDと書いてあります)を除き、アメリカでは赤信号でも右折が可能です。

ただし、一時停止の上、歩行者はいないか、左から車は来ていないか、対向してくる左折車はいないかの3点を確認する必要があります。
赤信号で右折する車は上記を優先する義務がありますので、必ず一時停止の上安全をよく確認してください。

逆に怖がって赤信号で右折しないでいると後ろからクラクションを鳴らされますので、怖いからと言って赤信号で右折しないというのもオススメしません。


ロータリー(環状交差点)

最近日本にも登場しましたが、アメリカにもロータリーと呼ばれる環状交差点があります。設置場所は交通量の少ない住宅地がメインですが、ロータリーはルールを守らないと非常に危険ですので注意が必要です。
ルールは日本と同じで、左右の回りかた逆になるだけです。日本は時計回りですがアメリカは反時計回りです。
ロータリーに入る前に徐行し(他の車や人がいない限り一旦停止する必要はありません。)、内側に車がいなければロータリーに侵入できます。
内側の車が優先です。


アメリカ初めて運転

YIELDの標識

ロータリーの入り口に必ずある看板が「YIELD」です。日本にはない他、馴染みのない単語なので意味がわかりずらいと思います。

一言でいうと「譲れ」です。日本でいう徐行に近いと思います。

「YIELD」がある時は、自分ではなく相手の車が優先で、自分はいつでも止まれるようにしなければなりません。

「YIELD」の表記を見かけたら、基本一時停止するつもりで交差点に侵入し、他の車や人がいなければそのまま止まらずに交差点を通過してください。


アメリカで初めて運転する時に気をつける

全方向一時停止

「止まれ」が「STOP」なのは皆さんご存知ですが、アメリカにはAll-WAY「STOP」の交差点があります。これは日本語に訳すと全方向一時停止といい、その交差点に入る全ての車が一時停止しなければなりません。日本では交差点で一方が一時停止の場合、交わる方の道は優先道路となり停止する必要はありません。

しかしこの全方向一時停止の場合はその交差点に入る全ての車が一時停止しなければなりません。

この場合の優先順位(発進できる順番)は少し複雑です。
1、先に来た車
自分より先に停止していた車が優先です。自分が交差点で停止した時に既に2台の車がいたら、その2台の車が交差点を抜けるまで自分は発進できません。

2、同時の場合は自分より右側にいる車
もし自分と同時に他の車も停止したら、自分より右側にいる車が優先です。
同時に停止した車が自分より左側なら自分が先、自分が左側なら相手が先です。


都市部の大通りでは少ないですが、田舎道や住宅街では多く見られますので、このルールには注意してください。
「STOP」の表記の下に「ALL WAY」と書いたサインが目印です。(たまに「STOP」のみのところもあります。)

横断歩道では必ず歩行者優先

アメリカでは横断歩道では必ず歩行者優先です。

歩行者の方も日本のように左右を確認して車が途切れたら渡るのではなく、車が停止することを前提にどんどん渡ってきます。

横断歩道付近では必ず左右に目をやり歩行者がいないかを確認してください。
歩行者が渡ろうとしていたら、必ず停止し歩行者に譲る必要があります。

アメリカで初めて運転する時に気をつける

スクールバス

映画やドラマでもよく見かける真っ黄色のスクールバス。アメリカは大学生以下は親の送迎もしくはスクールバスでの通学が基本です。

実はこのスクールバスについて一つ重大なルールがあります。
乗降中のバスの追い越し、すれ違いは禁止されています。

乗降中のスクールバスがいたら、バスの後ろの車、対向車線の全ての車が乗降が終わるまで停止して待たなければなりません。

乗降中のバスは「STOP」の標識が掲げている他、ランプが点滅しているのですぐにわかります。

交差点での黄色信号

日本の交差点では信号が黄色の内に交差点に侵入すれば違反にはなりませんが、アメリカでは交差点を渡りきる前に信号が赤になったら違反になります。

つまり黄色信号で交差点に侵入した場合でも違反になる場合があります。

自分の方が赤になってから、他方が青になるまでの感覚も日本より短いので、これには注意が必要です。
日本の感覚で黄色でセーフと思っていたら後ろからサイレンがなんてこともありえますのご注意ください。

制限速度の変化

最後に制限速度の変化についてお伝えします。
アメリカの田舎道では街中と郊外とで制限速度が大きく異なります
街中では30マイル、郊外では50〜60マイルの場所が多いです。

特に郊外から街中に入る場合は必ず標識を確認して速度を落としてください。

警察も頻繁にスピード違反の取り締まりをしていますので、せっかくの旅行中に嫌な思い出を作らないように、スピードリミットの標識には必ず目を向けてください。


今やアメリカでは欠かせない交通手段の1つとなったライドシェア。空港ではアップライドと呼ばれることもあり、専用の乗り場が用意されています。日本では馴染みがありませんが、アメリカでは今やタクシーは過去の乗り物になりつつあり、ライドシェアが日常生活の隅々まで普及しています。
ライドシェアの乗り方はとても簡単。アプリで車を呼び出しその車に乗るだけ。支払いはアプリ上で行われるのでボッタクられる心配もありませんし、英語が話せなくても大丈夫です。
thought-catalog-643368-unsplash

代表的なライドシェアは2社

代表的なライドシェアや、日本にも進出しているUBER(ウーバー)とLYFT(リフト)です。サービスしているエリアや値段もほぼ一緒のため、どちらか一方のアプリをダウンロードしておけば大丈夫です。
ちなみに筆者はUBER派です。自分の周りもなんとなくですがUBER派の人が多いと思います。

UBER
LYFT

料金は?

料金は距離と時間により上がる仕組みですが、タクシーと比較しても遥かに安いです。地図上で乗車地点と目的地を入力した時点で見積もりの料金が表示されます。目的地に着くまで料金がわからないタクシーとは安心感がまるで違います。また支払いは全てアプリに登録したクレジットカードで行われます。ゲームアプリに課金するような形で支払うイメージです。ぼったくりにあう心配はゼロです。
朝の通勤時間帯、雨の日など需要が多い日にはいつもより高くなることがありますが、その場合でもアプリ上に表示されているので、後から高額な金額を請求されることはありません。

安全性は?

日本の友人から多く質問を受けるのがライドシェアの安全性です。結論から言うと安全性を気にする心配
は不要です。ドライバー、乗客共に相互評価されているので、マナーの悪いドライバー、乗客共に排除される仕組みなのです。それでも安全性を気にされる方は、車を呼ぶときにドライバーの星の数(5点満点)および過去何回乗客を運んでいるかを見ることができるので、例えば星4.8以下のドライバーが呼ばれたら、すぐにキャンセルして次のドライバーを呼ぶことで自分でドライバーを選ぶことができます。
呼んで直後のキャンセルであればキャンセル料は取られません。これはタクシーでも同じですが、乗車中は安全のためシートベルトをお忘れなく。

英語が話せなくても大丈夫?

全く問題ありません。ライドシェアに乗るときは、自分の乗る車の車種、色、ナンバープレートがアプリ上に表示されるのでそれらを目印にします。特にナンバープレートが1番の目印です。車に乗り込む際にドライバーより自分の名前の確認があります。その時のみ英語力が必要ですが、自分の名前の英語の発音と、YESが言えればそれで十分です。後は目的地まで車に乗っているだけ。アプリ上に目的地までのルート、到着目安時間、現在地が表示されるので、もしドライバーがルートを外れてもすぐにわかります。非常に稀ですが、もしドライバーが遠回りをした際は降りた後でウーバーに通報できます。これによりドライバーは罰せられる仕組みです。
下車後は忘れずにドライバーを評価してあげてください。この時チップをあげることもできます。ドライバーの評価を忘れると、自分も評価されなかったり、悪い評価をもらう可能性があるのでご注意ください。悪い評価をもらい続けると利用できなくなる恐れがあります。

ライドシェアはアメリカ旅行では必須のアプリ

ライドシェアはアメリカでは立派な交通手段で、訪れる際は必須のアプリです。ライドシェアに慣れてしまうと、降りる際にいちいち財布を取り出す必要がある日本のタクシーのうんざりします(笑)

↑このページのトップヘ