ヒロタビライフ

アメリカ生活4年目。サンフランシスコを経てロサンゼルス在住。 旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。 オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。 TOEIC 970 TOEFL iBT 94

2018年11月

サンフランシスコからいく日帰りドライブでいく観光オススメスポットをご紹介します。

ドライブ好きの筆者は毎週末のように出かけていました。 サンフランシスコ郊外はLAと違いすぐに田舎道になるので本当に気持ちがいいんですよね!

今回はそんなサンフランシスコから日帰りドライブで行けるオススメスポットをご紹介します。

アメリカのレンタカーの価格は会社や季節、予約状況により大きく変わるので事前比較をお忘れなく!
筆者もレンタカーを借りる際はいつも最安値のところを探して使っています。

最安値サンフランシスコレンタカーを30秒で比較&予約
  「レンティングカーズ」で調べる時間も費用も節約
1.場所を選ぶ 2.日時を選ぶ 3.さがす たったこれだけ!


ナパバレー

まずは超定番中の定番のナパバレー。
サンフランシスコからは片道1時間ちょっとで、ほぼ高速と一本道なのでアメリカでの運転に慣れていない方にもオススメの観光地です。

ナパとその周辺のソノマはその地形、気候、土壌から世界的なワインの生産地になっていて、ワイン好きなら勿論、そうでなくても1度は訪れる価値があります。

葡萄畑が広がる丘に、歴史あるワイナリーの建物が立つ風光明媚な景色は、ワイン好きでなくとも思わず写真を撮ってしまうほど美しいです。

各ワイナリーではテイスティングで様々なワインを楽しめる他、市場には出回らないナパバレーでしか飲めないワインもたくさんあります。
サンフランシスコからナパバレー日帰りドライブ


モントレー&ビッグサー

全米1美しい道路と言われているルート1

その中でも特に美しいのがモントレーとビッグサーです。

サンフランシスコからは片道2~3時間程度で、十分日帰り可能です。


美しい夕日で有名なカーメルビーチもモントレーにあります。おしゃれなレストランも沢山あり、日帰り観光には最適です。


モントレーから少し足を伸ばすと、海外沿いを走るルート1のドライブを楽しめます。

保養地やキャンプ地として有名なビッグサー付近には、海にそのまま流れ落ちる滝のマクウェイ滝があります。

エメラルド色の海と綺麗な滝のコラボレーションは、インスタのみならずこれ以上のない写真映えスポットです。
サンフランシスコからモントレー日帰りドライブ



レイクタホ

冬には有名なスキーリゾートとなるレイクタホ。

冬はもちろんそれ以外の季節でも十分に楽しめる日帰りスポットです。
サンフランシスコからは片道4時間程度と少し距離がありますが、大半の道がフリーウェイで州都サクラメントも途中で通るのでドライブは快適です。

レイクタホの最大水深は501mで、アメリカ国内で2番目に深い湖です。

水質は非常によく、真っ青な湖は見ているだけでも気持ちが落ち着きます。


そしてレイクタホのもう一つの魅力はカジノです。

カジノと言えばラスベガスが有名ですが、実はレイクタホはカリフォルニア州とネバダ州の境界にあり、ネバダ州側では合法的にカジノを楽しむことができるのです。

サンフランシスコから日帰り可能でカジノを楽しめるのはレイクタホだけです。
サンフランシスコからレイクタホ日帰りドライブ


ポイントレイス

こサンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡り、片道1時間程度のドライブで到着するのがポイントレイスです。

ここは自然豊かな保護区となっており、沢山の野生動物が暮らしています。

サンフランシスからは日帰りで本格的なハイキングが楽しめます。公園の奥の岬には灯台があり、初心者の方でも気軽に観光することができます。
サンフランシスコからポイントレイス日帰りドライブ


ヨセミテ国立公園

言わずと知れた雄大な自然の宝庫、世界遺産のヨセミテ国立公園。

サンフランシスコからは片道4時間程度のドライブで、早朝出発での日帰りがオススメです。

雄大な切り立った花崗岩と渓谷美は世界でもここでしか見えない風景で、サンフランシスコへ来たら必ず訪れたいポイントです。

ヨセミテを訪れるオススメの季節は、4月から6月までです。

冬の雪景色も美しいですが、春から夏にかけては雪解け水であちこちで自然発生する滝を見ることができます。日本からヨセミテへ行く際はゴールデンウイークがベストシーズンと言えます。

ヨセミテ滝は高さ739mで、北アメリカ1高い滝です。

サンフランシスコからヨセミテ日帰りドライブ

s_toefl勉強法戦略

TOEFL iBT勉強法その1(全体の戦略)

◆とにかく難しいTOEFL iBT◆

とにかく特殊で難易度の高いTOEFL iBT。しかし米国での海外留学や海外進学を考えている人には避けて通れない道です。
筆者もアメリカにいながら毎日図書館に通い集中的に勉強しました。
TOEFLのテストは非常に難解で、アメリカで日常生活を送るだけではとてもじゃないけど太刀打ちできません。
日本で生活しているのであれば、尚更集中して取り組む必要があります。

TOEFLの勉強に集中して3ヶ月でスコアを30上げて、5ヶ月後に目標スコアを超える94を取得しました。

ちなみに筆者はTOEICでも970点を取得していますので、その勉強法も今後公開いたします。

◆必要なスコア◆

必要なスコアは学校にもよりますが、大まかには

2年生のコミュニティカレッジで45~61程度
4年生の大学で68~95程度
社会人向けのプログラムで80~100程度
MBA等のマスターレベルで100~110程度

となっています。

◆TOEFLが難しい理由◆

TOEFL iBTが難解な理由として、その圧倒的な問題量、4時間にも及ぶ長丁場の戦い、画面上でのリーティング、パソコンに向かって話す(聞き手がいない)、自分の周りの人の声が聞こえるなどなどたくさんの要素があります。

そして大学の講義を想定した幅広い分野から出題されます。もちろん専門知識は問われませんが、覚える必要のある単語は様々な分野に及びます。

高い英語力が要求されるのはもちろん、その独自の受験スタイルと出題の形式に慣れる必要があるのです。

そしてそこに立ちはだかるのは高額な受験料です。2018年現在1回の受験料は$235、おおよそ25,850円と、英語試験の代表格であるTOEIC(5,725円)や英検(2,500〜8,400円)と比べても非常に高額です。

もはや未来への投資だと割り切って望まなければ、とてもじゃないけど受験料だけで受験を諦めてしまうレベルの金額です。

◆まずやるべきこと◆

まず勉強する前にすることは、それぞれの分野での目標スコアを決めることです。

趣味でTOEFLを受けるような変態な方は除いて、基本的には必要とされている取らなければならないスコアがあると思います。

TOEFLは4つのセクションからなりそれぞれが30点満点の合計120点満点ですが、自分の得意不得意に合わせ、どの分野で高得点を狙い、どの分野をカバーするのかを決めることで、効率よく勉強することができます。

◆初めての受験の前に◆


現在の英語力にもよりますが、英語力にあまり自身がない方はToefl bulletin(受験要領)は読まないことをオススメします。

よく聞くのはToeflを知るためにはbulletinを読むべきで、bulletinすら読めない人に受験は無理という意見です。
勿論これを否定するつもりはありませんが、英語力がない人がbulletinを読み込むためには相当な時間がかかりますし、ないよりモチベーションが続かないと思います。

bulletinを読み込んでいる時間に、簡単な初心者向けの問題集をとき、まずはどのような問題が出るのかを知ることがスコアアップに繋がると思います。

次回より、各セクション別に勉強法を紹介していきます。





Hirotabi(ヒロタビ)と申します。

現在アメリカ留学中でサンフランシスコを経てロサンゼルス在住
旅行好き、美味しいもの好き、ドライブ好き。
オススメの旅行先やレストラン、英語の勉強法やオススメの学校などありとあらゆることについて書いていきます。
TOEIC 970
TOEFL iBT 94

東京→サンフランシスコ→ロサンゼルス
語学学校 (ELS)→DVC (Diabro Vally College)→UCLA Extension

ここまでの道のりは以下の通りです。

2015年8月:留学を決心◆
・アメリカで勉強したい、海外で暮らして見たいという思いから、留学を決心

2015年9月:転職エージェントに相談◆
・日々の仕事に終われ、インターネットでの情報収集すらままならない状態
・ネットで見つけた留学ジャーナルに相談

2015年10月:留学準備開始◆
・休みの日はエージェントに相談し、留学先やプランを相談
・英語の勉強は全くせず


2015年12月:東京にて勤めていた会社を退職◆
・ついに勤め先を退職
・大学受験以来英語は全く勉強しておらず、全く話せず聞けない状態


◆2015年12月:退職後すぐに渡米しサンフランシスコ近郊に移住◆
・とりあえずネットでスーツケースとMacbookを購入し渡米


◆2015年12月:語学学校のクラス分けテストで撃沈◆
・英語が全く話せず、何を言っているかも全くわからない状態
・渡米直後に自分のできなさに不安になる


◆2016年9月:語学学校を一番上のクラスまで行き卒業◆
・なんとか一番上のクラスまで行き、無事に卒業


◆2016年9月:入学予定だった大学に断られる◆
・無事語学学校を卒業したと思ったら、事前にエージェントと相談し、願書を出していた大学に入学を断られる
←応募者が多く定員を超えてたためらしい


◆2016年9月:急遽入れる学校を探すことに◆
・アメリカではF1ビザの生徒は必ずどこかの学校に所属していなければならないため、急遽自分を受け入れてくれる学校を探すことに


◆2016年10月:コミュニティーカレッジ(2年制大学)に入学◆
・サンフランシスコ近郊のDVC (Diabro Vally College)に2ヶ月間のプログラムがあることを発見
・語学学校の一定クラス以上を卒業していれば無条件で入学できるものだったため、これに決定


◆2016年12月:2ヶ月のプログラムが終了◆
・ほとんどの人がその後1月から正式にDVCに入学するが、既に日本で大学を卒業していた自分は入学せず違う道を選ぶことに


◆2016年1月:再び別の語学学校に入学◆
・元々4年制大学の提供するプログラムに入学するつもりだった自分は、アメリカにてまた一から入学先を探すことになったが、全ての大学が入学に高いTOEFLスコアを要求していることを知る
・TOEFLは非常に独自で難解な試験のため、コミュニティーカレッジに通いながら勉強するより、再び語学学校にて集中して英語を学ぶ必要があると判断


◆2016年1月:TOEFLの勉強だけの日々開始◆
・平日午前中は語学学校にて勉強、午後は近所の図書館。休日は一日図書館にこもる日々
詳しいTOEFL勉強方法は後々公開したいと思います。


◆2016年5月:TOEFL iBT 94点を獲得◆
・辛い日々と莫大な受験料にお布施をする日々がついに終了


◆2016年6月:UCLA Extensionに入学しLAへ移住◆
・日本語の情報が少なく苦戦しながらもなんとか入学
・とても綺麗なキャンパスを毎日眺められると期待して入学
Blog_Luskin




◆2017年4月:OPT開始◆
・無事にUCLAのプログラムを終了し、OPTという1年間のみ働けるビザでスタートアップに就職














個人情報の保護について

「http://hirotabilife/com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

↑このページのトップヘ